劇団からっかぜ春公演 通算第272回『博士の愛した数式』

              原作:小川洋子(新潮文庫刊)  脚本:福山啓子 演出:布施 佑一郎

『博士の愛した数式』 劇団からっかぜアトリエ公演4月21-22日・28-29日8ステージ

アトリエ公演 2018年 4月21日(土)18:00(夜)〜 22日(日)10:00(朝)〜 & 13:30(昼)〜 & 18:00(夜)〜
       2018年 4月28日(土)14:00〜(昼)〜 & 18:00(夜)〜 29日(日)13:00(昼)〜 & 16:30(夜)〜
入場料  大人1000円 高校生以下500円  当日200円増し

『博士の愛した数式』アトリエ春公演終了、ありがとうございます。

2018年アトリエ春公演『博士の愛した数式』  4月21日(土) 22日(日) 28日(土) 29日(日) 8ステージを、
多くのお客様で終わることができました。ご観劇ありがとうございます。感謝しております。
                                      劇団からっかぜ一同

*アトリエ春公演観客数*

公演日時 客席数 目標 観客数 キャスト
04月21日18時  68席  68  63人 林美佳/鈴木亮/他屋雄一/根津真弓/菊池京子
04月22日10時  68席  68  51人 渡邉純子/鈴木亮/他屋雄一/坂田真生/菊池京子
04月22日13:30  68席  68  78人 渡邉純子/鈴木亮/他屋雄一/根津真弓/菊池京子
04月22日18時  68席  68  42人 林美佳/鈴木亮/他屋雄一/坂田真生/菊池京子
04月28日14時  68席  68  76人 林美佳/鈴木亮/他屋雄一/根津真弓/中村真紀子
04月28日18時  68席  68  60人 渡邉純子/鈴木亮/他屋雄一/坂田真生/中村真紀子
04月29日13時  68席  68  92人 渡邉純子/鈴木亮/他屋雄一/根津真弓/中村真紀子
04月29日16:30  68席  68  56人 林美佳/鈴木亮/他屋雄一/坂田真生/中村真紀子
  合計    544 518人  

春公演アンケート (407枚)より一部抜粋

○博士とルートの掛け合いが微笑ましく見ていていい気持ちになったが、その反面後半博士の記憶できる時間が減っていくときは虚しい気持ちになった。しかしそれも乗り越えるルートや母と博士の友情に胸が熱くなった。数学が好きになった。
○博士みたいな人がいれば 今よりもっと数学が楽しくなったのかなと思いました。家での親子喧嘩がリアルで目が離せなくなりました。 面白かったです。数式の意味ががとても気になります。
○専門用語がたくさんで大変だったかと思います。でも一緒に数式を教わっている感覚になりすっかり聞き行って見入ってしまいました。またもう1回観にこられたらと思います。
○冒頭朝の硬さがあったように感じましたが、そのうち気にならなくなり後半30分ほどずっと涙でした。ラストのあたたかな幻、印象的です。 メイン3人、とても良かったです。 吉田さん頑張って、奥さん・・・奥さん深いですね…。 あと6公演?完全数ですね、残りも頑張ってください。
○少年が将来数学の先生になってもいいかなと照れていうシーンは、この物語のすべてが 要約されていてとても感動しました。
○途中で言うことを諦めてはいけないと思いました。
○孤独な思いを抱えている者同士うまく思いを伝えられない所を数学がつなぎ、 話は感動しました。 ルートの孤独が満たされて良かったです。
○心温まる暖まる内容で、家族のつながりが薄れている今日で。 他人でも心が繋がっていき多くの子供達にも見せて。 心の繋がりを持ってもらいたいです。 大きな劇場より間近で見られて本当に良かったです。
○博士が グローブのカードをペンダントにしていてよかった
○お母さんと息子が言い争うシーン泣きました。 共感しすぎた。 数学が楽しかったです。 あんな博士がいたら私も変わってたかな?お母さんと息子仲良しすぎて羨ましいです。 白いバラの花言葉確か深い尊敬だった気が…
○原作と映画どちらよりも今回の劇の方がよかったです。生ものにはいいですね。
○愛について大変考えさせる芝居でした。一番前で見て隣のおばさんの靴下の穴が見えました。昔、原作を読みましたが、その時も感激してこの本は素晴らしいと思いました。 この芝居も素晴らしいです。ルートくんのお母さんが始めはとっつきにくかったけれど 終わりが素敵な人になりました。
○とても興味深い内容でした。母子にとっても博士にとっても良い出会いだったと思います。お姉さんの切なさも伝わってきました。
○キャスト(今回は女役)の違いどちらが良いかではなく、それぞれの捉え方をまた改めて聞いてみたいなと思いました。 義姉の言葉「あなたのことは覚えられない、私のことは忘れることが無い」と女へのジェラーが出ている、しかし最後は女の優しさに心打たれるみたいな大変良かったです。
○いつも心にかけていただきありがとうございます。年月とともに新しいメンバーの顔を見ることが多くなりました。嬉しいようなちょっと寂しいような…


渡邉 純子 林 美佳 鈴木 亮 他屋 雄一 根津 真弓 坂田 真生 中村真紀子 菊池 京子

登場人物


女29歳 ダブル 渡邉 純子/林 美佳
 渡邉 純子
    22日朝 昼 28日夜 29日昼
 林 美佳
    21日夜 22日夜 28日昼 29日夜
息子10歳        鈴木 亮
博士64歳 元大学教授  他屋 雄一
夫人72歳、博士の義理の姉 ダブル
 根津 真弓
   21日夜 22日昼 28日昼 29日昼
 坂田 真生
   22日朝〜 夜〜 28日夜〜 29日夜
吉田さん60歳 家政婦 ダブル
 菊池 京子
   21日夜〜 22日朝〜 昼〜 夜〜
 中村真紀子
   28日昼〜 夜〜 29日昼〜 16:30〜

スタッフ

演 出 ・・・・布施 佑一郎

舞台監督・・・・平柴俊哉
舞監助手・中村真紀子/古木大介
舞台照明・・・・高橋 佑治
音響効果・・・・平山 将太
        古木 大介
舞台美術・・・・布施佑一郎
        武田 知子
舞台衣装 ・・・・林 美佳
   中村真紀子/菊池 京子
小道具  ・・・・中村左絵子
    古木大介/碧 月/根津
メイク ・・中村真紀子/平山将太
制 作 ・・・坂田真生/渡邉純子
   鈴木亮/他屋雄一/平柴俊哉


あらすじ


10歳の息子と二人暮らしの“女”が家政婦として新しく派遣されたのは、 今までに9人もクビになったというイワクつきの天才数学博士の家。 17年前の交通事故の後遺症で記憶が80分しか続かないらしいのだ。 重い足取りで博士の家に通う女だったが、息子が博士の家に来るようになってから何かが変わってきた……。









inserted by FC2 system