劇団からっかぜ通算第266回公演「すみれさんが行く」

                               作:斉藤紀美子・演出:布施佑一郎
第61回浜松市芸術祭はままつ演劇・人形劇フェスティバル2015&ふじのくに芸術祭演劇コンクール招待作品

<お詫び>10月アトリエ公演をご観劇された皆様へ

 当日配布したパンフレットのキャスト欄に「すみれの夫・・・根津 均」の記載もれがありましたことをお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。

「すみれさんが行く」アトリエ公演10月24-25日終了・11月21日-22日6ステージ

アトリエ公演 11月21日(土)18:30〜 22日(日)13:30&18:30〜 3ステージあります。
アトリエ公演「すみれさんが行く」 10月公演を、多くのお客様で終わることができました、感謝しています。
引き続き11月21日(土)と22日(日)アトリエ公演と浜松市芸術祭公演12月12日に向けて人とひととのつながりを大切に、
劇場で多くの人と一緒になれるように努力していきます。             劇団からっかぜ一同

11月20-21日アトリエ公演12月12日浜松市芸術祭公演舞台写真、12月12日浜松市芸術祭公演

*アトリエ10月24日-25日公演観客数*

公演日時 客席数 目標 観客数
10月24日夜  68席  68  75人
10月25日昼  68席  68  81人
10月25日夜  68席  68  57人
  合計    204 213人

舞台写真、25日昼公演

劇団ひまわり120本 進行を準備している司会 西川審査委員長 09/13合同公開稽古写真 09/13合同公開稽古写 オムニバス出し物練習中 松本WS紹介練習 県西部演劇連絡会ブース 路上演劇祭ブース 大人青春団ブース 雪解カンガルーブース 人形劇ブース 人形劇ブース アクト文芸館ブース 雪解カンガルー SPACブース 路上演劇祭ブースを撮る企画委員 劇団からっかぜ記念撮影 劇団からっかぜ記念撮影 劇団からっかぜブースハンナ 劇団からっかぜブースヒロシ&銃

10月24日(土)夜公演アンケートより (62枚)

○人それぞれの人生のはかなさが、表現されていて感動しました。(感激しました) ・笑いあり涙あり印象に残る演劇でした。・2時間もの時間のセリフ、役回り等、大変だったと思います。 ・天竜区から長い距離かけてきてよかった。・アトリエ公演は、間近見えるので、より感動が伝わってきました。
○病院でさみしいイメージがあったけど、コミュニケーションがたくさんでたのしいお芝居でした。 ホロリとくる所もあり、とても良かったです。あの声がすごくリアルで、子供がこわがっていました。
○もっと若い時の時間を大切にしようと思いました。みんないろいろな事情があるんだなとおもいました。
○多分今まで見たからっかぜの舞台の中で、一番好きです。…中略…最終的には明日へむかう力をもらいました。
○最初は、めいわくな人(ヤンキー)が、すみれさんのおかげでどんどん変わって笑ったり悲しくなったり、 とても楽しめました!いろんな人のいろんなかかわり、いろんな感じ方そんな気持ちがよく分かりました。 初めて見た「からっかぜ」の舞台に、とてもはまりました。せんこう花火がとても切なく心にのこりました。 心にのこるすみれさんの気持ちがよかったです。
○人、それぞれ色々な人生があります。楽しい事ばかりだはないのは当然だと思います。 自分だけが悲劇とおもわないようにしたいと思います。 大変ありがとうございました。
○病院内での様々なじじょうが少しせつなかったですが、みんないっしょうけんめい生きて行くすがたが何かおもしろく感じました。
○すみれさんの強さと優しさと弱さが、生きているって感じました。まもる君の人間成長もしっかりと伝わりました。
○65歳になります。「もの知らず」「人生知らず」であり、このお芝居たいへん人生のベンキョウになりました。 守くん竹田くんヨーコさんステキ!!!
○守君の素直な感情の変化がさわやかでした。人の生き方はそれぞれ、花もそれぞれ。 その後も続いていくようなストーリーで希望がありました。
頭に浮かんだ絵 ○面白くて、つたわるものもあって目を離すことが
できないものでした。何度も見に来て、
「あ、この人は前はあんな役だった。」と思う時があります。
子供なので、メチャクチャで伝えられることが少ないですが、
子供の私でもステキな劇でしたと言えるものでした。
落書きは、頭に浮かんだものをふと書きたくなったので…。スミマセン。

○主人公が、すみれ&入院患者の人達のふれあいの中で成長していくのがよくわかりました。 若い時には戻りたくない。その理由がズキッときましたネェー私もそんな時代があったからねー
○笑いあり涙あり、楽しく見させていただきました。すみれさんの生き方が大好きになりました。ほんとうにいろんなことが、人生あるけど、 戦争は人でなくなるし、おじいちゃんみたいな人たくさんいると思います。みなに知ってほしいです。
○さまざまの生き方を思い知らされました。

10月25日(日)昼公演アンケートより (62枚)

○とても心にしみました。人はそれぞれ、なにか重いものをかかえて生きていて、今日を大切にしたいと思います。
○言葉の一つひとつに優しさと重みがたくさん詰まったお話でした。心に染みてきました。涙しました。 感想文

○それぞれにかかえた生きざま…… 自分の人生を見直すきっかけにしていきたいです。 ちっこうても、花は 花ですね!
○老人病院で働いています。患者さん一人ひとり、顔を思い浮かべて観ました。人それぞれいろいろな拝啓があることをあらためて思い、 涙が何度も溢れました。しばらしかったです。明日からも優しいナースで接します。
○高齢者として、人ごとでなく身につまされました。
○「生きる」ことをいろいろ勧化ました。笑ったり、しんみりしたりとても良かったです。
○老いることを考えました、私ももうすぐ60才生き抜きます。母の亡くなった年齢(77才)までは!
○現代の青年が入院の短期間でいろんな人間模様に触れながら優しさが生まれ最後は涙が出ました。
○世の中のむじゅん・問題点ポイントをするどくついてきて、それをうまく表現してある内容の深いお芝居に感心しました。
○あたたかくユーモアがあってもう一度見たいと思いました。
○守が「すみれさん」と名前をよんだところがジーンときました。
○「人は人によって変わる!!」よい出会いを!!泣きました。
○とても面白くてつい笑ってしまいました。その中にも夢中になるところがあり、とても良かったです。
○感動しました。言葉では言い表せないほど多くのことを学びました。ありがとう!
○とても素晴らしい公演でした。重いテーマが沢山盛り込まれていながら暗くなり過ぎず、最後は感動で〆るという最高の作品でした。

10月25日(日)夜公演アンケートより (44枚)

○生きて行く事、人のやさしさにふれて、幸せを分けあえて少年の心に少しあたたかいものが残ってよかったと思いました。 又見に来ます。ありがとうございました
○病院を舞台にいろいろな人の人生、戦争を体験して人に言いつくせなくて生きている方々人生の先輩の方つらい体験をかかえている、 心の中に、今を明るく人の為に生きている楽しく少し涙ぐむ、ことが出来てよかったです。
○成長していく主人公の姿とすみれさんの生き方が楽しくも感動的に演じられていて、とてもよかったです。 これからも地域の身近な劇団として、続けて見せていただければ幸いです。
○わたしももう75才になります。自分勝手な道を歩んで来ました。このお芝居を見て自分自身を振り返っています。 今の時代と私の時代のちがいがあっても、人の心と言う物は変わらいものですね。
○今、若い人でも年が経てば必ず老いる。自分が将来老いて、大事にもらいたかったら、お年寄りを大切にするのではなく、 命が燃えつきそうになりかけている弱い人に、手を差し伸べたいと思う。たとえ若い時にどんな悪行をして、身から出たサビのような人でさえも、許して慈悲の心で接していきたいと思うます。 あっという間の2時間でした。ありがとうございました。

登場人物

守(高校生)     鈴木 亮
竹田(守の友人)  高橋 佑治
江口(患者)    他屋 雄一
清水(患者)    松本 隆良
洋子の父      古木 大介
車イスの老人    古木 大介
大崎の息子     沢木 竜一
天 竜       森 歩
辰巳庵       星野 諭
大崎光太  最上三平25日/森浩司24日
医 師       松本 充生
すみれ       中村真紀子
洋子(高校生)   渡邉 純子
令子(守の母)   中村左絵子
宮川(付添婦)   菊池 京子
菊ずしのおかみ   林 美佳
大崎千代      坂田 真生
女(患者)     林 美佳
看護婦       辻村 沙希
すみれの夫     根津 均

スタッフ


演出/舞台美術・布施佑一郎
舞台監督 ・・・鈴木 亮
舞監助手 ・・・高橋 佑治
舞台照明 ・・・高橋 佑治
        松本 充生
舞台照明OP・・・櫻井 定生
        (M-Planet)
音響効果  ・・・山下 宣雄
小道具   ・・・中村左絵子
    根津 真弓/古木 大介
舞台衣装  ・・・中村真紀子
    菊池 京子/林 美佳
メ イ ク ・・・渡邉 純子
制 作  ・・・坂田 真生
    渡邉 純子/鈴木 亮
    他屋 雄一/松本 隆良
    辻村 沙希/山下 宣雄


あらすじ


高一の「守」が腹膜炎で老人ばかりの外科病院に入院。
さびしがっている守に便所の前でナンパを始める友人
守るの弱みを握っている「すみれさん」の登場で守窮地に
入院患者の高校生の洋子の前で格好をつける守
患者のトラブルに巻き込まれながら奮闘する守の姿に
「すみれさん」の心は・・・・・・・









inserted by FC2 system